小山市 任意整理 弁護士 司法書士

借金・債務の相談を小山市在住の人がするならどこがいいの?

お金や借金の悩み

多重債務の問題、借金の悩み。
借金の悩みは、自分一人だけでは解決するのが難しい、深刻な問題です。
しかし、弁護士や司法書士に相談しようにも、少し不安な気持ちになる、という方も多いでしょう。
ここでは小山市で借金・債務のことを相談する場合に、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
インターネットで相談できるので、初めて相談する人でも安心です。
また、小山市の法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にどうぞ。

小山市に住んでいる人が任意整理・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小山市の借金返済や多重債務の悩み相談なら、この事務所がオススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払は、分割払いも可能。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能です。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、借金の問題について無料相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心です。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

小山市の方が借金・債務整理の相談をするならまず、このサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットでできる診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、小山市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



小山市周辺にある他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

小山市には他にもいくつかの弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●田所徹也司法書士事務所
栃木県小山市花垣町1丁目13-2
0285-30-4140

●浅野正富法律事務所
栃木県小山市神鳥谷1丁目6-19
0285-25-6577

●石島力法律事務所
栃木県小山市喜沢1450-1
0285-20-6177

●岩瀬法律事務所
栃木県小山市城山町2丁目9-17
0285-24-9581

●司法書士結城事務所
栃木県小山市 3丁目7-1
0285-38-7605
http://oyama-souzoku.com

●小峰司法書士事務所
栃木県小山市花垣町2丁目10-1
0285-23-5350
http://touki.ecnet.jp

●キーストン司法書士事務所
栃木県小山市八幡町2丁目1-1
0285-25-7131

●高間栄法律事務所
栃木県小山市東城南4丁目12-8
0285-27-4731

●渡辺司法書士事務所
栃木県小山市八幡町1丁目1-5 オフィス115-202号室
0285-23-3327
http://watanabejimusyo.jp

●関根睦子司法書士事務所
栃木県小山市城北2丁目3-15
0285-20-3301

●山内法律事務所
栃木県小山市駅東通り1丁目2-17 TSビル 3F
0285-30-3706
http://ylaw.jp

●阿部達司法書士事務所
栃木県小山市西城南2丁目25-28
0285-37-8107

●三宅法律事務所
栃木県小山市神山2丁目11-25 万屋ビル 3F
0285-28-9930

●福永法律事務所
栃木県小山市駅東通り1丁目35-26 オルディネールビル 2F
0285-30-2944
http://legal-findoffice.com

●鹿村法律事務所
栃木県小山市八幡町1丁目1-5 オフィス115 2F
0285-20-3323
http://shikamura-law.sakura.ne.jp

●亀岡法律事務所
栃木県小山市城東1丁目2-28
0285-23-7430

●フラワー司法書士事務所
栃木県小山市花垣町1丁目10-11 小嶋住宅1号館 1F
0285-23-1534

●野口浩一郎司法書士事務所
栃木県小山市花垣町1丁目9-13
0285-22-8303

●高橋利雄司法書士事務所
栃木県小山市花垣町2丁目10-11
0285-23-0857

小山市にある地元の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、手軽に気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務、小山市に住んでいて問題が膨らんだ理由とは

キャッシング会社やクレジットカードの分割払い等は、かなり高額な金利が付きます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの場合年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンも1.2%〜5%(年間)ほどですので、その差は歴然です。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定するような消費者金融だと、金利0.29などの高い金利を取っていることもあるのです。
ものすごく高利な金利を払いつつ、借金はどんどん増えていく。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、額が大きくて高い利子という状況では、なかなか返済は厳しいでしょう。
どのようにして返すべきか、もはや当てもないなら、法務事務所や法律事務所に相談しましょう。
弁護士や司法書士ならば、借金を返す解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減額するのかもしれません。
まず相談する、解決にはこれが始めの一歩です。

小山市/任意整理のデメリットとは?|任意整理

借入の支払いをするのが大変になった際は出来る限り早急に措置していきましょう。
放っておくとより金利は増大しますし、問題解消はもっと苦しくなるだろうと予想できます。
借り入れの支払いをするのがどうしてもできなくなった時は債務整理がよく行われるが、任意整理も又とかく選択されるやり方の一つです。
任意整理の際は、自己破産の様に大事な私財をそのまま守りながら、借入の減額が可能でしょう。
そして職業や資格の制約もないのです。
良いところの沢山あるやり方といえるのですが、逆にデメリットもありますから、欠点についても今一度配慮していきましょう。
任意整理のデメリットとして、まず借り入れが全くゼロになるというのでは無いという事はしっかり認識しましょう。
縮減をされた借入れはおよそ3年位で完済を目標にするから、きちっとした支払プランを練る必要があるでしょう。
あとは、任意整理は裁判所を通さなくて債権者と直接話合いをする事が出来るのだが、法律の知識が乏しい一般人では上手に談判ができない場合もあるでしょう。
さらにはデメリットとしては、任意整理をした際はその情報が信用情報に載る事になりますから、俗にいうブラックリストというふうな情況です。
そのため任意整理をした後は大体5年〜7年程の期間は新たに借り入れをしたり、カードを新たにつくることはまずできないでしょう。

小山市|自己破産のリスクってどんなもの?/任意整理

はっきし言えば世間で言われる程自己破産のリスクは多くないです。土地・高価な車・マイホームなど高価格な物は処分されるが、生きていく上で必要なものは処分されないです。
また二〇万円以下の預貯金も持っていて大丈夫です。それと当面数ケ月分の生活するうえで必要な費用100万円未満なら持って行かれることはないのです。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれも極僅かな人しか見ないです。
また俗にいうブラックリストに記載されてしまい七年間の期間はキャッシング又はローンが使用キャッシングやローンが使用出来ない状況となるのですが、これは仕方ない事なのです。
あと一定の職に就けないと言うことが有ります。しかしながらこれもわずかな限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事が出来ない借金を抱え込んでいるならば自己破産を進めるというのもひとつの手法でしょう。自己破産を行ったら今日までの借金が全くなくなり、新規に人生を始められると言うことでよい点の方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士、弁護士、司法書士、公認会計士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として後見人・遺言執行者・保証人にもなれないのです。又会社の取締役などにもなれないのです。だけれどもこれらのリスクはあまり関係無いときが多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではない筈です。

関連ページ