杉並区 任意整理 弁護士 司法書士

借金・債務の相談を杉並区に住んでいる人がするならどこがいい?

多重債務の悩み

借金の金額が増えすぎて返済が厳しい…。
多重債務を抱えているから、債務整理で解決したい…。
もしもそう思っているなら、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、督促が止まったり、月々の返済金額が減ったり、などといういろんなメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所や法律事務所も複数あります。
ここでは、それらの中で杉並区に対応している、おすすめの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、杉並区にある他の法律事務所や法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知識・知恵を借りて、最善策を見つけましょう!

借金・任意整理の相談を杉並区在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

杉並区の多重債務や借金返済の悩み相談なら、ここがオススメ。
弁護士対応で、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払は、分割払いも可能です。
相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのもできます。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務・借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、借金や過払いの悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

杉並区の方が債務整理や借金の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも匿名で、無料で使えます☆
全国対応のサービスなので、杉並区在住の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の杉並区周辺の司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも杉並区にはいくつかの法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●司法書士けやき総合法務事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-33
03-5347-3801
http://keyaki-legal.com

●久我山司法書士事務所
東京都杉並区久我山4丁目2-29 リベスト久我山ビル301
03-6427-8831
http://kugayama.biz

●鎌田司法書士事務所 ライトコード
東京都杉並区荻窪5丁目17-11
03-6915-1276
http://kamata-rightchord.jp

●阿部司法書士事務所
東京都杉並区阿佐谷北2丁目15-18 第一横川ビル阿佐谷女子ハイツ 2F
03-5373-5313
http://abe-shoshi.com

●阿佐ヶ谷南司法書士行政書士事務所
東京都杉並区成田東5丁目39-11
03-6765-0004
http://asagayaminami.jp

●司法書士新井法務事務所
東京都杉並区高円寺北4丁目30-11
03-6676-3740
http://arai-legaloffice.com

●サン合同事務所方南町(司法書士法人)
東京都杉並区方南2丁目12-14
03-3311-7087

●小関司法書士事務所
東京都杉並区梅里2丁目40-18 第3志村ビル203
03-5913-7452
http://koseki-shiho.com

●司法書士・行政書士 小室事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-22 ハイツ山幸1階
03-5347-4702
http://komuro-office.jp

●平田祐子司法書士事務所
東京都杉並区天沼3丁目7-3
03-5347-4861
http://shiho-tlc.com

地元杉並区の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、手軽に気軽に相談できるのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済に杉並区に住んでいて参っている場合

クレジットカード会社や消費者金融等からの借金で悩んでいる方は、きっと高利な金利にため息をついているのではないでしょうか。
借りてしまったのは自分なので、自分の責任だから仕方ありません。
ですが、複数のキャッシング会社やクレジットカード会社から借金していると、額が大きくなって、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまうでしょう。
月々の返済だと利子しか返せていない、というような状態の人もいると思います。
ここまで来ると、自分ひとりだけで借金をキレイにするのは無理でしょう。
借金を清算するため、はやめに司法書士や弁護士に相談するべきです。
どうしたら今ある借金をキレイにできるのか、借りたお金を減額することができるか、過払い金生じていないのか、など、司法書士や弁護士の知恵・知識をかしてもらいましょう。
借金の問題の解決は、相談することが始めの一歩です。

杉並区/債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめ?|任意整理

債務整理とは、借金の返金がどうしても出来なくなった時に借金を整理することで悩みから回避できる法的な手法なのです。債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産、過払い金の四種類の手段があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債務者、債権者が直に話合いをして、利息や月々の返済を抑える手段です。これは、出資法・利息制限法の二つの法律上の上限金利が違っていることから、大幅に減額する事が出来る訳です。話合いは、個人でもする事ができますが、通常、弁護士の先生に頼みます。経験豊かな弁護士の方ならば頼んだ時点で困難は解消すると言っても言い過ぎではありません。
民事再生は、現在の状態を裁判所に認知してもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に縮減してもらう制度です。このときも弁護士さんに頼んだら申立てまで行う事ができるから、債務者の負担は減ります。
自己破産は、任意整理や民事再生でも支払できない巨額な借金がある時に、地方裁判所に申立てて借金をゼロにしてもらうシステムです。この時も弁護士にお願いしたら、手続きも快調に進むから間違いがありません。
過払い金は、本来なら支払う必要がないのにクレジット会社に払い過ぎたお金のことで、司法書士また弁護士にお願いするのが普通なのです。
こうして、債務整理は貴方に合う進め方をチョイスすれば、借金に悩み苦しむ毎日から一変し、再出発をきることも可能です。弁護士事務所によっては、債務整理や借金に関する無料相談をしている事務所も在りますから、一度、問い合わせをしてみてはどうでしょうか。

杉並区|自己破産にはやっぱりリスクがある?/任意整理

率直に言って世間で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車やマイホームや土地など高価値の物件は処分されるのですが、生きる上で必ずいる物は処分されません。
又二十万円以下の貯蓄は持っていてもいいのです。それと当面の数か月分の生活に必要な費用一〇〇万未満ならば没収されることは無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもわずかな方しか見ないのです。
又俗に言うブラック・リストに記載されてしまい7年間の間ローン、キャッシングが使用できない状況となるが、これは仕方がないことでしょう。
あと一定の職種に就職出来ない事もあるのです。しかしこれも一定の限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返金することのできない借金を抱え込んでるのならば自己破産を実施するというのも1つの方法です。自己破産を実施した場合これまでの借金が全くチャラになり、新たな人生をスタートできるということで良い点の方がより多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や司法書士や税理士や弁護士等の資格はなくなるのです。私法上の資格制限として保証人や遺言執行者や後見人にもなれません。また会社の取締役等にもなれないでしょう。しかしこれらのリスクはさほど関係無い時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物じゃ無いはずです。

関連するページの紹介です