福岡市 任意整理 弁護士 司法書士

福岡市に住んでいる人が借金返済について相談をするならココ!

借金をどうにかしたい

債務の問題、借金の悩み。
お金の悩みは、自分ひとりだけでは解決するのが難しい、大きな問題です。
ですが、司法書士・弁護士に相談するのも、ちょっと不安になったりする、という人も多いでしょう。
当サイトでは福岡市で借金・債務のことを相談するのに、オススメの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
ネットで相談できるので、初めての相談という人も安心です。
また、福岡市にある他の法務事務所・法律事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてください。

任意整理・借金の相談を福岡市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

福岡市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、こちらがおススメです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払いは、分割払いも可能です。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の督促をSTOPすることもできます。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金、など、債務に関して無料相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付できるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、過払い・債務の問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分にピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないので、お得に解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

福岡市に住んでいる方が借金や債務整理の相談をするなら、まずこれもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金解決のための診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、福岡市在住の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



福岡市周辺にある他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

福岡市には他にも司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●司法書士だいふく法務事務所
福岡県福岡市博多区比恵町2-24
092-432-3567
http://daifuku-law.com

●馬場綜合法務事務所
福岡県福岡市南区野間2丁目5-5ジュネス野間1F
092-512-5718
http://members.jcom.home.ne.jp

●州都綜合法務事務所(司法書士法人)
福岡県福岡市中央区今泉1丁目22-13
092-406-4407
http://shuto-office.com

●宮地司法書士事務所
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16-13上ノ橋ビル5F
092-402-3355

●池田信一郎司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23サンハイツ舞鶴4F
092-724-7754
http://968-low.jp

●谷口司法書士事務所
福岡県福岡市中央区長浜2丁目3-1ネオハイツ舞鶴ノール5F
092-762-3210

●かじ司法書士・行政書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目8-10ライオンズマンション舞鶴第22F
092-741-1850

●あい司法書士法人・福岡
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目6-15日新ビル4階
0120-260-810
http://ai-lpo.net

●金山国際司法書士事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目15-5駅前二丁目ビル5F
092-433-1220
http://kanayama-international.jp

●豊福隆司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2-4-13九州DKビル2F
092-781-6271
http://office-toyofuku.com

●司法書士マインド法務事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23
092-724-3645
http://mind-law.com

●長谷川忠総合法務事務所
福岡県福岡市中央区荒戸2丁目4番51005号
092-751-1381
http://www5e.biglobe.ne.jp

地元福岡市の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

福岡市在住で借金返済問題に参っている状態

クレジットカード業者やキャッシング業者等からの借金で困っているなら、きっと高利な利子に困っているのではないでしょうか。
お金を借りたのは自分ですので、自分の責任だから仕方ないでしょう。
ですが、いくつもの金融業者からお金を借りていると、金額がふくらんで、とてもじゃないけど完済するのは難しくなってしまうでしょう。
月ごとの返済金だとほとんど利子だけしか払えていない、という状態の方も多いでしょう。
こうなってしまうと、自分ひとりで借金をキレイにするのは不可能と言っていいでしょう。
借金をキレイにするため、はやめに司法書士や弁護士に相談するべきです。
どうやったら今ある借金を清算できるか、借入れ金を減らせるか、過払い金生じていないか、等、弁護士・司法書士の知識・知恵を貸してもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

福岡市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも沢山の手段があり、任意で業者と話し合う任意整理と、裁判所を通した法的整理である自己破産もしくは個人再生という類があります。
では、これらの手続きにつきどういった債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
この三つの手段に同じようにいえる債務整理のデメリットとは、信用情報にそれらの手続をやった旨が記載されてしまうという事ですね。いうなればブラック・リストというような状態になるのです。
としたら、大体五年から七年ほど、クレジットカードがつくれなくなったりまた借入れが出来なくなります。とはいえ、あなたは返すのに日々悩み続けこの手続を進めるわけですから、ちょっとの間は借金しない方が良いのではないでしょうか。じゃカードに依存し過ぎる方は、むしろ借り入れができなくなる事によってできなくなることで救済されると思われます。
次に個人再生、自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれらの手続をしたことが掲載されることが上げられるでしょう。けれども、あなたは官報など読んだ事があるでしょうか。逆に、「官報とはなに」といった方のほうが多数いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国が発行する新聞の様な物ですけれど、金融業者等々のごくわずかな人しか見ないのです。だから、「破産の実情が近所に広まる」などといった事はまずないでしょう。
最後に、破産特有の債務整理の欠点ですが、一度破産すると七年の間は2度と破産は出来ません。これは十二分に留意して、2度と自己破産しなくてもよいようにしましょう。

福岡市|自己破産のリスクって?/任意整理

率直に言って世間で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地・マイホーム・高価な車など高価な物は処分されるのですが、生活する中で必ず要る物は処分されないのです。
又二十万円以下の蓄えは持っていても問題ないのです。それと当面の数か月分の生活費百万未満なら没収されることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極僅かな方しか見ないです。
また世に言うブラックリストに載ってしまって七年間くらいの間ローンまたはキャッシングが使用出来なくなるでしょうが、これは仕方がないことです。
あと一定の職につけなくなると言う事が有ります。けれどこれも限られた範囲の職種です。
だから債務超過で返す事の不可能な借金を抱えこんでるのなら自己破産をすると言うのも1つの方法なのです。自己破産を進めれば今までの借金が全て帳消しになり、新しく人生をスタートするという事で利点の方がより大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士、弁護士、司法書士、税理士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限として遺言執行者・保証人・後見人にもなれないのです。また会社の取締役などにもなれないです。けれどこれらのリスクはおよそ関係無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きなものでは無いはずです。

関連するページの紹介です